幾千もの熱帯魚ブログの中から私のブログを読んでいただいて感謝します!
2013年10月よりseesaaブログさんに移設してブログを再開しています!! 宜しくお願いします晴れ
実際に飼育しています熱帯魚スネークヘッドネオンテトラの体験談をレビューしていきます!
すみずみまでチェックしていただけると嬉しいです 誤字や脱字、リンク切れありましたらご指摘下さいひらめき
まだまだ更新していきますので、ブックマークやお気に入りの登録もお願いします!
右サイドバーのカレンダーからが、一番ブログ記事を閲覧しやすいと思いますひらめき

2013年11月10日

スネークヘッド(熱帯魚)水槽の底砂選び!!

こんばんわ三日月

今日は、スネークヘッド熱帯魚水槽の底砂選びについてレビューしますひらめき

砂利をほじくる熱帯魚には礫(れき)がおすすめ!


<下記は、これまで実際にスネークヘッド水槽に使用した事のある底砂です!>


石英砂

石英(近年流行のパワーストーンにもあります水晶)を細かく砕いたものですひらめき
白砂のようなものです。。
砂の粒的には、田砂のようなかんじです。


富士砂

この富士砂はそもそも熱帯魚の砂利ではなく、園芸用の化粧砂になりますひらめき
黒っぽい色(つや消しの黒ですが、水にいれると普通の黒色です)で
ゴツゴツしています。
多孔質が好まれるのか、かなりのアクアリストが流用してますが、僕は小型スネークヘッドの飼育にはおすすめしませんダッシュ(走り出すさま)


ADAアクアグラベル

透明度の高い水槽で有名なアクアデザインアマノの砂利です。
現在Sサイズのみの取扱のようです。
悪くはありませんが、やや角が尖っています。明るめの砂利ですひらめき
ADA公式サイト アクアグラベル


大磯(Sまたは細目)

一番、熱帯魚飼育にとって入手が容易で、かなりの方が愛用されている砂利ですひらめき
ポピュラーで、どこのホームセンターに行っても熱帯魚コーナーがあれば必ずといっていいほどコレ(大磯砂)があります。
メーカーにもよりますが、やや角が尖っていたり、水質のPHが貝殻の混入から弱アルカリ性に傾いたりもしますので、弱酸性の水質にしたい人には注意が必要です!!


礫(れき)

現在のブルーレインボー(ニューレインボー)スネークヘッドに使用しています砂(礫)になります。
僕が、使用した上記のどれよりも角に丸みがあり、バクテリアの定着も良好と思われますひらめき
水質のPHもこの砂利によって左右されることはありませんでした!



スネークヘッド水槽にいろいろな底砂を使用してみて!


先代のドワーフスネークヘッド飼育の時に、水槽の見た目重視から入ったところがありますので、最初は石英砂を購入(このような物です白砂 1Kg)しましたが、コレがよくありませんバッド(下向き矢印)
おそらく熱帯魚飼育で、肝心なバクテリアも底砂に根付かず、更には綺麗なのは最初だけで、茶ゴケが砂に多少でもつくと汚く見えます。なのでおすすめできませんバッド(下向き矢印)


次に富士砂がバクテリアのつきがいいという事をネットで発見しましたが、これも個人的にはよくありませんでしたたらーっ(汗)
スネークヘッドが砂利をほじくったり潜ったりする度に体表に傷が付くからですー(長音記号1)
(バクテリアの定着については5日間くらいで水槽をリセットしたので不明です。)


アクアグラベル大磯砂 細目は、悪くはないし標準的なものだと思いますが、エイエフジャパン企画の礫Sに出会ってからは断然にこちらがよいと思い、現在のブルーレインボースネークヘッドの水槽で使用していますひらめき


水槽に富士砂を使用したときの画像


熱帯魚水槽に富士砂


画像にはありませんがこの富士砂のパーケージを破り、
それから粒を揃えるためステンレスとおしに2時間ほどかけて分別し、それからお風呂場でゴシゴシと1時間以上洗いましたダッシュ(走り出すさま)
びっくりするほど黒ずみがでてきますあせあせ(飛び散る汗)
もうしたくありませんふらふらもの凄く大変な作業でしたバッド(下向き矢印)
最終的な水槽のセッティングまで5時間ほど費やしたと思いますダッシュ(走り出すさま)


熱帯魚水槽に富士砂


ドワーフスネークヘッドの時に愛用していました、45センチのジェックス マリーナ450ホワイトラクラク観賞魚飼育セットの水槽に富士砂をセッティングしたところですひらめき


スネークヘッド水槽に富士砂



セッティングしてドワーフスネークヘッドを入れたときの写真です!


スネークヘッド水槽に富士砂



コイツも砂利に潜り込むような性質があったため、一部ですが鱗がはがれ落ちましたバッド(下向き矢印)
写真でもゴツゴツした石というのがわかると思います。。


スネークヘッド水槽に礫



現在使用中の砂(礫)ですひらめき
ちなみに60cm水槽に御使用なら10キロを購入したほうが安上がりです!
(僕が購入しようと探していたときは10キロがなかなか見つからず、やもなく少量サイズを複数個買いました)


ドワーフ・レインボー・ブルーレインボー(ニューレインボー)スネークヘッドや他の熱帯魚にしても底砂(砂利)に潜ったり、ほじったりしない性質であれば富士砂もありだと思います。

また、水槽の景観が、暗めがいいなら富士砂のような黒い砂利を、明るいほうがいいならアクアグラベルや礫をおすすめしますよひらめき(大磯はこの中間になると思います)



posted by スネークたん at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | スネークヘッドの底砂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。