幾千もの熱帯魚ブログの中から私のブログを読んでいただいて感謝します!
2013年10月よりseesaaブログさんに移設してブログを再開しています!! 宜しくお願いします晴れ
実際に飼育しています熱帯魚スネークヘッドネオンテトラの体験談をレビューしていきます!
すみずみまでチェックしていただけると嬉しいです 誤字や脱字、リンク切れありましたらご指摘下さいひらめき
まだまだ更新していきますので、ブックマークやお気に入りの登録もお願いします!
右サイドバーのカレンダーからが、一番ブログ記事を閲覧しやすいと思いますひらめき

2013年11月12日

めちゃ可愛い!★プロトプテルスアンフィビウスという肺魚★

こんにちわひらめき


今日は、スネークヘッド以外の熱帯魚を紹介します!!


ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)



なんとも憎めない顔のコイツは、プロトプテルスアンフィビウスと言います

  • 名前:プロトプテルス・アンフィビウス

  • 学名:Protopterus amphibius

  • 生息地:東アフリカの沿岸帯

  • 大人のサイズ:45センチくらい

  • PH:6〜8くらい

アフリカ原産の肺魚の一種で、 Protopterus(プロトプテルス)属性の中では、最小の種類で、人気の高い古代魚らしいですひらめき

寿命も長く何十年も生きるようです


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)



横から見ると「足」のようなものがありますね(足ではないんでしょうけど)
横向きも可愛らしく見えます!
コイツの体長は現在、35センチくらいでしょうか。


幼魚はこんなかんじです→プロトプテルス アンフィビウス(約7-10cm)


全体的な体型はややスネークヘッドに似てますねひらめき
ウーパールーパーにも


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)



水槽の底砂には、ガーネットサンド(ストーン)が敷かれています。
やや照明が紫がかっているせいか、実物とやや色が違います!
(プロトプテルスアンフィビウスの事です。)
実際は、もうちょっと黒かったです
古代魚らしい色合いに思えます。


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)



飼育する時の注意点は、スネークヘッド同様に「空気呼吸」をし、飛び出しの可能性があるので必ず隙間のない蓋やネットを用意する必要があるようです!!
個体的には丈夫な熱帯魚のようです。


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)



もともとこの肺魚の目はほとんど見えてないらしいです。

なので餌の匂いなどを嗅ぎ付けて食べるようです。
実際に餌(人工飼料)プロトプテルスアンフィビウスに与えているところを見せてもらいましたが、実に外見から想像の付かない豪快な食べっぷりでした
人工飼料を噛む音が聞こえてきます。。
獲物をまずは咀嚼し、それを繰り返しながら食べるので、ある意味食べ方は人間のようです。

成長するにつれて強靭な顎になり、自然界では巻貝の殻を割り好んで食べるようですー(長音記号1)
なので、噛まれたりしたら病院行きになりかねないですね


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)



僕がカメラを寄せるとこっち向きに近づいてきます。。わかるのかな?
なので横向きの写真をとるのに少々時間がかかりました
また個体差があるかもしれませんが、コイツは結構動き回ります


プロトプテルスアンフィビウス(肺魚)


でかい水槽や設置場所があればこういうのも飼育してみたいですひらめき

ちょこちょこ行く熱帯魚専門店に許可を得て撮影してきました





posted by スネークたん at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚:番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。