幾千もの熱帯魚ブログの中から私のブログを読んでいただいて感謝します!
2013年10月よりseesaaブログさんに移設してブログを再開しています!! 宜しくお願いします晴れ
実際に飼育しています熱帯魚スネークヘッドネオンテトラの体験談をレビューしていきます!
すみずみまでチェックしていただけると嬉しいです 誤字や脱字、リンク切れありましたらご指摘下さいひらめき
まだまだ更新していきますので、ブックマークやお気に入りの登録もお願いします!
右サイドバーのカレンダーからが、一番ブログ記事を閲覧しやすいと思いますひらめき

2014年02月27日

ピンチ!?熱帯魚ブルーレインボースネークヘッドの眼が白濁?

こんばんわ!

本日は、飼育中の肉食性熱帯魚であります、ニューレインボー(ブルーレインボー)スネークヘッド両眼中央部分(黒目付近)が、白濁気味といいますか、やや白くコンタクトレンズを装着したようなかんじになっています


<SONY HX5Vでの撮影>
眼が白くなったスネークヘッド



前回(2月24日・月曜日)の水換え時に、デジタルPHメーターでチェックしますと、ペーハーが8.2くらいの弱アルカリ性を示していましたので、クエン酸を少々入れて酸性方向に傾かせました。
さすがに高いかなと思ったからです。。
結果、ペーハーは、8.0(これでもまだまだ弱アルカリ性・PHは7が中性です。)に気持ち落ちましたが、多少、黒目部分が白っぽくなっていたのが、はっきりと、特に水槽用のライトを点灯させた際に鮮明に白くなっているのが確認できます

下記の写真の、塩素還元のビタミンCと、保護剤のアクアセイフを水換え時に毎回少量使用していますが、今回は右のクエン酸を使用です。量が少なかったせいか、あまりPH値自体は変動なしです。


<SONY HX5Vでの撮影>
水槽塩素除去グッズ



ここで考えられる可能性が、
@前日(2月23日)の夜に、水草のアヌビアスナナを巻きつけた流木と砂利の間に潜りこんでいることから、そのときに運悪く、両眼透明部分の膜の部分に傷がついた。

A何が原因かよくわかりませんが、とにかく水質悪化によって白っぽくなっている。
(ちなみに水換え前に試験紙で測り、亜硝酸塩値0・硝酸塩値の反応はあるものの全く問題ないラインです。)

B水換えの時に、PHを酸性方向に傾けようとして入れたクエン酸がいけなかった?
(水換え前のニュレインボー/ブルーレインボースネークヘッドの眼の状態をしっかりと確認はできていませんふらふらので、水換え後に悪化したのかは不明ですが、多少白かったのは間違いないです。。)


<SONY WX1での撮影>
眼が白濁したスネークヘッド



考えても原因がよくわからず、ここ4日ほどは何もせずに様子を見ていましたが、改善の兆しはないように思えます
(体表の変化や、底砂の砂利に体を擦りつけるようなしぐさは見られず、両眼がやや白いほかは、いたって健康状態は良好だと思います。餌喰いもいいです。)

よって、本来は、水換えの予定はなかったのですが、本日再度、半分弱程交換することにしました。


<SONY HX5Vでのフラッシュ撮影>
スネークヘッド水槽(フラッシュ撮影)



これで回復に向うといいですが・・・。

続く・・・。



posted by スネークたん at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スネークヘッドの飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。