幾千もの熱帯魚ブログの中から私のブログを読んでいただいて感謝します!
2013年10月よりseesaaブログさんに移設してブログを再開しています!! 宜しくお願いします晴れ
実際に飼育しています熱帯魚スネークヘッドネオンテトラの体験談をレビューしていきます!
すみずみまでチェックしていただけると嬉しいです 誤字や脱字、リンク切れありましたらご指摘下さいひらめき
まだまだ更新していきますので、ブックマークやお気に入りの登録もお願いします!
右サイドバーのカレンダーからが、一番ブログ記事を閲覧しやすいと思いますひらめき

2013年11月02日

熱帯魚水槽の選び方!!

こんばんわ。
今回は、熱帯魚の水槽の選び方についてです!

どの熱帯魚を飼うかにもよりますが、
基本サイズはW60×D30×H36(横×奥行き×高さ)です!
これが昔からの定番になります!

また、多く流通しているので30センチや45センチの水槽より安価に購入できたり、他のメーカーでも互換性のあるろ過フィルターや照明等が多く存在するのもこの60センチだと思います!!
最近は奥行きが短いタイプの水槽が好評のようですが・・・。
魚の事を考えるとおすすめしません。(メダカ・アカヒレ・ネオンテトラ等ならいいと思います)

60センチの水槽にしても
上下の周囲についています黒の枠付きのものと
全面ガラスのインテリア重視と思える水槽
それに全面の両サイドが曲げガラスのタイプのものや、
特殊なデザインの水槽
アクリル製もあります。

メーカーによっては、ややサイズが違います。(横幅60センチは基本的に同じです)

価格は、
枠付き<枠付き前面曲げ<全面ガラス<全面ガラス前面曲げ<アクリル
の順に高くなります。
※アクリルは60センチの場合です。
(アクリル水槽は、一般的にサイズが大型になるとガラス製のものより安価になります。)

水槽自体の重量も上記とほぼ一緒で重くなりますあせあせ(飛び散る汗)
※重量は、アクリルが枠付きよりも軽いです。

水は、W60×D30×H36水槽の場合、約58リットル入り、それに底砂8〜15キロ(水草水槽にする場合多めに敷く方もいます)になると約80キロ近くになりますがく〜(落胆した顔)
細かい事を言えば照明や上部フィルターをご使用ということになれば更に重量が2〜3キロ増しますあせあせ(飛び散る汗)

気軽に購入すると、設置場所や水槽を置く台等に悩む事になりますダッシュ(走り出すさま)

水槽台に関しては次回の記事にします!



【各水槽の特徴】


<枠付き>:昔からあるポピュラーな水槽。枠があるぶんデザイン製に劣るかもですたらーっ(汗)
水槽本体を移動して掃除するときなど扱いやすく、価格もリーズナブル!ガラスも全面タイプのものより薄く作れるため透明度もなかなかです。細かい作りはメーカーにもよりますが一番雑なようにも思えますバッド(下向き矢印)が地震の時も枠が付いているぶん水の噴出しが少なかったようです。上部フィルターもご使用できます。

<枠付き曲げガラス>:前面が曲げになっているぶん、それだけで高級感があります!!デザイン的にもグッドです。でも、人によるかとは思いますが、曲げガラスの部分から覗くと変に拡大したように見えるのが難です。僕は、それが嫌で上記の水槽を購入しました!そんなの気にならないという方や、前面からしか見ないのであれば上記の水槽よりこちらが良いです。上部フィルターもご使用できます。

<全面ガラス>:インテリア性があり高級感があります!ただ、取り扱いが枠付きに比べ難しく水槽ごとの移動時に角をぶつけてガラスが欠けてしまう事があります。またメーカーによりますがガラスが厚いぶん緑がかって見え透明度の悪いものもあります。デザイン重視の方や水草アクアリウム向けと思います!

<全面ガラス曲げ>:上記の水槽より更にデザイン性がアップ!持ち運びには上記の水槽よりも更に注意です。

<特殊デザイン>:水槽前面のガラスがドーム状になったもの、円形の球体状のもの、ライトやろ過装置が一体型のものなどがありますが、飼育の上級者向きで高価なものが多いです。「はじめて熱帯魚飼います!」という人は避けるべきと思います。他の商品との互換性も低いですバッド(下向き矢印)友人や彼女等には自慢できると思いますが。。

<アクリル>:ガラス製の水槽に比べて、衝撃に強く(割れにくい)軽くて透明度が高いです!ですが傷が入りやすく、経年によって透明度が悪くなるマイナス要素も。価格が、小型水槽の場合は高いという難もありますたらーっ(汗)アロワナ等を飼育するときはこちらの方がいいかもです。大型(W120センチ〜)水槽向きです!



【各水槽メーカーの特徴】


『ニッソー』(現マルカンでブランド名だけNISSOと残してます):
枠付きでいけば、一番ガラスの透明度が高いように思います。ただ枠のプラスチック部分に傷がついているものが多く、コトブキに比べるとややシリコンの貼り付けが弱いようにも思えます。

代表水槽:NS6M(枠有り黒) NewスティングレーNS-106 クリアスティングレー106 クリアスティングレー type-X 600


『コトブキ工芸』
透明度というか、ややガラスが緑がかって見えますバッド(下向き矢印)
しかし作りがしっかりしていて頑強です!枠のプラスチック部分も他のメーカーより品質が良いです。シリコンも丁寧に付けられているかんじがします。

代表水槽:KC-600S(枠付き黒) プログレ600 8点セット レグラスフラットF-600S レグラスR-600S


『GEX』
上記のメーカーより透明度も作りこみ(接合部のシリコンの処理が雑に思えます)も劣るように思えます。ガラスの見た感じは緑がかってますがコトブキよりはいいかもです。
現在観賞魚メーカーでNo1の売り上げです。

代表水槽:マリーナ600N ラピレス600 グラステリア600 6点セット


『ADA(アクアデザインアマノ)』
デザイン性はシンプルで、ガラスの透明度がおそらく最も優れますが値段が高いです。
水草アクアリウムにおいて人気のある水槽メーカーです!枠付き水槽はありません。

代表水槽:キューブガーデン等

『プレコ』
水槽作りの全工程を自社工場にてベテラン職人が、職人魂で一本一本丁寧に手作業にて仕上げているメーカーです。オーバーフロー濾過システムの濾過槽も取り扱っています。
こちらも作りが良く、ガラスの透明度が高いと評判です!!
オプションでフランジ加工(塩だれ・地震対策)ができるのが特徴です。
熱帯魚のプレコとは関係ないみたいです(笑)枠付き水槽はありません。

代表水槽:プレコ スタンダード GL-600 (600×300×360mm ガラス厚5mm)


『アクアシステム』
デザイン性がありガラスの透明度もいいですがシリコン処理が雑です。
観賞魚業界発のクリスタルエッジ加工を採用しているメーカーです。
(より美しい外観を楽しめるようガラスエッジを鏡面研磨してあります)
また、水槽用品だけでなく照明器具から水草育成CO2用品等幅広い商品をラインナップしています。枠付き水槽はありません。

代表水槽:クリスティ 6040 ルノアール 600


『エーハイム』
外部濾過の外部フィルターの器具で、おそらくNo1のメーカーと思われます。
しかし、水槽はガラスがかなり緑がかってます。現在のところあまりおすすめできません。枠付き水槽はありません。

代表水槽:EJ-60 2213 お買得セット水槽

 
『テトラジャパン』
観賞魚の総合メーカーです。誰しもが熱帯魚のフードや水質調整剤等でお世話になったことがあるのではないでしょうか!?
水槽は、17cm〜60cmまでのサイズを展開しており大型水槽の取扱は現在ないようです。
エーハイムよりはこちらの水槽がよいです。

代表水槽:ラウンドオールグラスVXフィルターセット RA-60VX


『ビバリア』
亀の飼育で爬虫類用のランプでお世話になったことがあります。
水槽も小型のものを所有してますが、緑がかっていておすすめできません。
デザイン性のある水槽もあります。枠付き水槽はありません。

代表水槽:クリスタルセイル ワイドビュー3525 8点セット



【おすすめの60センチ水槽】


何を基準に水槽を選択するかによりますが、個人的には、
ガラスの透明度にのみこだわるならADAです。プレコは二番目にいいと思います。

品質を重視するならプレコです。コトブキもよいです。オーダーもできます。

価格やメンテのしやすさ、地震の事などを考慮したら、僕は枠付きの水槽をおすすめしますので、ニッソーが良いと思います。※ADAやプレコはオールガラス(フレームレス)しかありません。

僕が飼っている生体のスネークヘッドのように水面からジャンプするような熱帯魚やえびを飼っている人には枠付きのほうが安全でフタもしやすいとも思います。

水草アクアリウムがしたいのであれば、水槽上部のフタはしない人もいるので、各種オールガラス水槽で良いと思います。尚且つインテリアデザイン性も良いのですのでひらめき



【まとめ総合評価】


枠付きの水槽(全面曲げも含む)

ニッソー(現マルカン) > コトブキ > テトラ > GEX 

オールガラス水槽

ADA(アクアデザインアマノ)> プレコ > ニッソー > コトブキ > GEX > テトラ > アクアシステム > ビバリア > エーハイム

あくまで個人的ですが・・・。
なおガラスが青っぽかったり緑っぽかったりする水槽は、考え方をかえれば「コケ」が目立ちにくいですひらめき

僕は、最初曲げのニッソーを所有していたことから、曲げなしのニッソーの水槽を購入しましたがメーカーとトラブったんでコトブキの水槽にチェンジしましたふらふら

今から熱帯魚を飼おうという方は、ニッソーを!
水草アクアリウムをしようという方は、ADAかプレコを!というかんじですひらめき
ただ他のメーカーの水槽がとんでもなく悪いというわけではありませんexclamation

<下記はおすすめ水槽単体です!>









posted by スネークたん at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚水槽の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。