幾千もの熱帯魚ブログの中から私のブログを読んでいただいて感謝します!
2013年10月よりseesaaブログさんに移設してブログを再開しています!! 宜しくお願いします晴れ
実際に飼育しています熱帯魚スネークヘッドネオンテトラの体験談をレビューしていきます!
すみずみまでチェックしていただけると嬉しいです 誤字や脱字、リンク切れありましたらご指摘下さいひらめき
まだまだ更新していきますので、ブックマークやお気に入りの登録もお願いします!
右サイドバーのカレンダーからが、一番ブログ記事を閲覧しやすいと思いますひらめき

2013年11月03日

水槽台の選び方!!

こんばんわひらめき

前回の水槽の選び方に続き、
本日は、水槽台の選び方についてです。

水槽も購入したときは、水漏れがないかとかガラス・アクリル・シリコンに傷はないかなど入念に調べる必要があると思いますが、水槽台は「置く場所」、それから「水槽の重量にきちんと耐えられる台」を選択しないと後々後悔することになりますダッシュ(走り出すさま)

一般的な45センチ水槽くらいまでなら、たいして水槽台や設置場所を考慮する必要はないかと思いますが、60センチくらいから水槽台を、90センチ以上になれば設置の床が重さに耐えられるかも充分に検討しなければなりません。

ちょっとしたカラーボックスや本棚の上、ガラステーブルの上、安価なメタルラックの上に置くと、その時は大丈夫でも日数が経っていくうちに天板が反り、それがもとで水槽にひずみがでてシリコンのつなぎ目あたりから水が漏れたり、台が水槽の重量を支えきれず倒壊して、その部屋中が水びたしになったりなど台の選択を誤ると大変に危険ですがく〜(落胆した顔)

僕の知り合いの飲食店のおじさんは、90センチの水槽を陶器の台の上に置いて飼育していたところ、ある日、開店のため店を訪れると台が倒壊していて熱帯魚も水も店内にすべてぶちまけ状態になっており掃除がものすごく大変だったと言っていました。ちなみに水槽は無傷だったようです(笑)

また以前、水槽台を自作しようとホームセンターに行ったところ、アロワナを180センチくらいの水槽で飼育していたお客さんが、板(ボード)等の資材を購入し自作したそうです。
数日はよかったらしいですが、アクリルのつなぎ目から水が漏れ出し、そのホームセンターと金銭的な補償問題にまで発展したようで、「自己責任でお願いします。」と念を押されましたたらーっ(汗)

もともと自己責任はわかってましたが、あらためてそういう話を聞くと、自作は不安になり断念しましたバッド(下向き矢印)


各水槽の重量(重さ)


※水槽サイズは 幅(W)×奥行(D)×高(H)mmの順です。
※水の重さは、1リットル=1キログラムです。
※砂利や濾過器・照明器具は考慮していません。付ければ当然重量は増しますー(長音記号2)
※マルカン(ニッソー)の水槽を例に紹介していきます。


たのしいきんぎょセット S
W315×D185×H245  商品重量 約2.4キロ  水の容量 12リットル  合計重量 約14.4キロ

たのしいきんぎょセット M
W360×D220×H265  商品重量 約3キロ   水の容量 18リットル   合計重量 約21キロ

たのしいきんぎょセット L(40センチ水槽)
W400×D255×H280  商品重量 約3.6キロ  水の容量 23リットル  合計重量 約26.6キロ

クリアスティングレーセットS
W310×D186×H248  商品重量 約3.5キロ  水の容量 12リットル  合計重量 約15.5キロ

クリアスティングレーセットM
W353×D227×H264  商品重量 約4キロ  水の容量 18リットル  合計重量 約22キロ

クリアスティングレーセットL(40センチ水槽)
W400×D271×H284  商品重量 約5.5キロ  水の容量 26リットル  合計重量 約31.5キロ

クリアスティングレーCS106(60センチ水槽)
W600×D290×H350  商品重量 約9.7キロ  水の容量 51リットル  合計重量 約60.7キロ
(下のベース部分はW620×D320)

クリアスティングレー type-X 600(60センチ水槽)
W594×D290×H350  商品重量 約12キロ  水の容量 50リットル  合計重量 約62キロ
(下のベース部分はW624×D320)

クリアスティングレー CS-113ST(90センチ水槽)
W900×D450×H455  商品重量 約23.2キロ 水の容量 149リットル 合計重量 約172.2キロ

クリアスティングレー type-X 900(90センチ水槽)
W900×D450×H445  商品重量 約33キロ  水の容量 151リットル 合計重量 約184キロ
(下のベース部分はW930×D467)

NS-4M(45センチ水槽)
W450×D295×H300  商品重量 約4.5キロ  水の容量 35リットル  合計重量 約39.5キロ

NS-4ML(45センチ水槽)
W450×D295×H360  商品重量 約5.2キロ  水の容量 42リットル  合計重量 約47.2キロ

NS-6M(60センチ水槽)
W600×D295×H360  商品重量 約6.5キロ  水の容量 57リットル  合計重量 約63.5キロ

NS-7M(60センチ水槽)
W600×D450×H450  商品重量 約16.1キロ 水の容量 105リットル 合計重量 約121.1キロ

NS-11MS(90センチ水槽)
W900×D300×H370  商品重量 約16.5キロ  水の容量 83リットル  合計重量 約99.5キロ

NS-13M(90センチ水槽)
W900×D450×H450  商品重量 約22.2キロ 水の容量 157リットル 合計重量 約179.2キロ

NS-19ML(120センチ水槽)
W1200×D450×H480  商品重量 約34.2キロ 水の容量 220リットル 合計重量 約254.2キロ

Newスティングレー NS-104L(45センチ水槽)
W450×D300×H350  商品重量 約6.3キロ  水の容量 40リットル  合計重量 約46.3キロ

Newスティングレー NS-106(60センチ水槽)
W600×D300×H360  商品重量 約7.9キロ  水の容量 56リットル  合計重量 約63.9キロ

Newスティングレー NS-113(90センチ水槽)
W900×D450×H450  商品重量 約24キロ  水の容量 155リットル  合計重量 約179キロ


上記のように横幅40センチで、26〜32キロ! 45センチで、40〜47キロ!
60センチで60〜121キロ! 90センチで100〜184キロ! 
120センチになるとなんと250キロの重さになります!!
60センチや90センチでも奥行きや高さによってはかなりの重量ですたらーっ(汗)


水槽には専用台を!!



40センチくらいまでならあまり神経質に考えずに、何かの台に置いてもいいかもしれませんが、45センチ以上からは、きちんとした専用台を使用したほうが安全ですし不安を抱えずに日々を過ごせると思います!
仕事から帰ってきたら部屋が水浸し、朝起きたら水槽がひっくり返っていたなどにならないように気をつけましょう!

僕は業者に専用の台を作ってもらいましたひらめき
それなりの金額はしましたがふらふら安心と安全代と受け止めていますグッド(上向き矢印)


各水槽台の一覧


<45センチ用水槽台>

GEX 水槽用組立2段台 黒


コトブキ プロスタイル400/450SQ黒

コトブキ アクアスタンド 450/600BK 黒


アクアシステム J-MODEL アクアリウムスタンド クラリス4530 ライトブラウン

アクアシステム J-MODEL アクアリウムスタンド クラリス4530 ダークブラウン



<60センチ用水槽台>

ニッソー 組立スチールキャビネット600 シルバー

ニッソー 組立2段式 ST-602 スチール製 黒

ニッソー CRABtera600MB

ニッソー CRABtera600RB

ニッソー アクアキャビネット GOBY602 シルバー

ニッソー アクアキャビネット GOBY602 ガンメタ


コトブキ プロスタイル600S ホワイト

コトブキ プロスタイル600S黒

コトブキ プロスタイル600S木目

コトブキ プロスタイル600S-LOW 木目

コトブキ アクアスタンド 450/600BK キャビネット 黒

コトブキ アクアスタンド 450/600 木目


GEX 60p 組立2段台 黒

GEX 60cm 組立2段台 シルバー

GEX すべりどめ付60cm 二段式 黒

GEX 扉付キャビネット 610S黒木目

GEX 扉付キャビネット 610S 薄い木目

GEX 扉付キャビネット 610W 黒木目

GEX 扉付キャビネット 610W 薄い木目


テトラ キャビネット CS-60 シルバー



<90センチ用水槽台>

ニッソー CRABtera900RB

ニッソー 組立スチールキャビネット900


コトブキ プロスタイル900L ホワイト

コトブキ プロスタイル900L ブラック

コトブキ プロスタイル900L 木目


GEX 90p用 黒CS−13W

GEX 扉付キャビネット 910Wスリム シロ木目

GEX 扉付キャビネット 910Wスリム クロ木目



<120センチ用水槽台>

コトブキプロスタイル1200L ホワイト【取寄商品】

コトブキプロスタイル1200L 黒【取寄商品】

コトブキプロスタイル1200L 木目【取寄商品】


GEX 扉付キャビネット1210W シロ木目

GEX 扉付キャビネット1210W クロ木目



もし専用台を使用せずに自作するなら、とりあえず天板は水平なものを選択しましょうひらめき
耐荷重もご使用の水槽がおけるかを充分に考慮して下さい!




posted by スネークたん at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚水槽台の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。